AGAかも・・・?診断できるクリニック比較

各社の総合評価早見表

top > AGA情報 > agaかどうか進行度合いを診断してもらう

agaかどうか進行度合いを診断してもらう

病気やケガでは、病気やけがの進行度合いがあります。
進行していれば、その分治療が難しくなったり、治るのに時間がかかることがあります。
あまり進行していなければ、簡単な治療方法で完治できる場合もあります。
今の状況を調べる必要があるでしょう。
agaの診断では、進行度合いを確認することがあります。
男性型の薄毛の場合、前頭部と頭頂部に薄い部分ができるケースが多くなります。
前頭部がどんどん後退する人と、頭頂部に丸く薄い部分ができてくる人がいます。
両方とも発生することもあります。
初期の状態は、まだまだ髪の毛はありますが、進行していくにつれてどんどん後退し、頭頂部の円も大きくなります。
両方進むと、前頭部と後頭部の薄い部分がくっつきます。
ここまでくるとかなり進行した状態になります。
髪の毛があれば、簡単な治療方法で済むかもしれません。



agaかどうかの診断はどこでしてもらえるのか

男性型脱毛症のことをagaと呼んでいますが、自分がagaかどうかはどこで調べてもらえるのでしょうか。
民間の育毛サロン等でも調べてもらうことはできますが、できればきちんとした医療機関で調べてもらうのがいいでしょう。
医師の診断を受けるのが、一番間違いのない方法となります。
チェックは比較的簡単にできますし、お金もそうかかりませんから、薄毛が気になってきたなら、調べてもらうといいでしょう。
ちなみに、男性型脱毛症なら、治療方法もある程度確立されているので、絶望する必要がなくなります。
フィナステリドとミノキシジルという薬を処方してもらえれば、ある程度なら治療はできるので心配がいりません。
逆に、男性型脱毛症でないと言われたときのほうが、その後の対処は難しくなるのではないでしょうか。
原因がはっきりしているほうが、対策は取りやすいのが普通です。



agaの診断後は早めの取り組みが大切

男性特有の脱毛症として広く知られるagaは、発症年齢が低くなる傾向といわれています。
直接の原因は遺伝によるものですが、精神的または肉体的ストレスによって症状が早まると指摘があり、まさか自分がというケースも珍しくはありません。
薄くなったり抜け毛が増えたりの不安もストレスとなりますので、気にしないようにするのではなく、早めに医師の診断を受けるべきでしょう。
agaは自然に回復するタイプと異なり、時間の経過で進行する症状です。
つまり、診察を受けたあとの取り組み次第という意味でもあり、早めの対策が良好な結果の近道となります。
研究が進んだ現代においては、施術の選択肢に幅があるため、自分に合った治療を見つけやすい点がポイントです。
例えば、内服薬以外にも塗付や成長因子の直接注入、もしくは段階で自然に増やす植毛も選択できます。

次の記事へ

カテゴリー